2017-08

Latest Entries

社史で読む長崎原爆

私が代表になっている「社史で読む長崎原爆編集委員会」が
今年6月末『社史で読む長崎原爆』という本を、発刊しました。

この本は、1945年の原爆被爆当時
長崎市内で操業していた17社の企業・24点の社史から、
原爆被爆と、その前後の記事を、ピックアツプ引用して、
企業の社史の中で、原爆がどのように扱われ
表現されているかを、長崎ではじめて纏めた図書です。

幻の社史と言われる「三菱長崎兵器製作所史」をはじめ、
三菱重工業・三菱製鋼・三菱電機・西部瓦斯・
十八銀行・長崎新聞社・浜屋百貨店などの、社史の抜粋であり、
原爆被爆の記録を中心にしますが、
それ以前の、太平洋戦争開始時から
戦時体制に入った時期の、企業への影響、
また敗戦、そして戦争直後の混乱期の
企業の動向部分も、採録しています。

写真や地図・企業の社史に対するコメントなどを加え、
一年間の編集作業を経て、A4版100ページの本になリました。
長崎市内の主な書店で発売中、一冊630円です。
私から直接手渡しでお求めいただければ、500円です。
なお郵送の場合は、290円が加わります。
ご覧の上、お買い求めいただければ嬉しいです。

なお7月5日に記者発表もしますので、そちらの記事もご覧ください。

森 草一郎

※2011年11月現在、すでに在庫切れとなっております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arukime.blog118.fc2.com/tb.php/139-dd0755c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

長崎路上観察学会・アルキメデス

Author:
長崎路上観察学会・アルキメデス
長崎市内を中心に活動する
路上観察グループ「アルキメデス」
が運営するブログです。


◎オススメの本




 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

訪問者数

 

月別アーカイブ

 

最近のトラックバック