2008-06

Latest Entries

6月例会

6月28日(土)。なんと大雨でした(笑)。
集合場所の、銭座町電停に降りたったとたん
市役所より大雨警報発令。
誰でも「ああ、こりゃムリだわ」と考えるはずが
来てたんですよ、おばかさんが7人も(爆笑)。
さすがに、警報発令の中を歩くのは危険と判断し
次の日程だけ決めて、今回は中止としました。

ふと見ると、道の反対側を
100人ほどの平和団体が、粛々と行進していました。
「こんな豪雨の中、酔狂だなあ」と、みんなで思いましたが
こんな自分たちも同じようなもん(しかも趣味道楽でだ)と、気付いた。

解散し、帰りの電停にいたら
遅刻常習会員K氏が「遅れましたぁ」って豪雨の中、走ってきました。
というわけでおばかさんは7人+1人。計8人でした!
スポンサーサイト

まちづくりレポート(その2)

午後から、長崎美術館ホールでの講演を聴講。
大学主催のおかげか、若い人が多くてちょっとウキウキ(笑)。

◇講演
 「小さな雑誌で町づくり-谷根千の冒険」
  森 まゆみ 氏(作家・エッセイスト)

◇鼎談「地域のちから、学生のちから」
  進行:林一馬(長崎総合科学大学学長)  
  森 まゆみ 氏
  西 和夫 氏(神奈川大学工学部教授、建築史) 
  ブライアン・バークガフニ(長崎総合科学大学人間環境学部学部長)

スライドなどを使っての、森まゆみさんのお話と
休憩をはさんで、三人による鼎談です。

視点は、皆さんすこしずつ違いますが
それぞれが「まちへ出る」「自分で見る」ということを
重きに置いている、ということがわかりました。

そうそう、忘れちゃなんねえ!
進行の林学長より、まちづくりについて
「路上観察というものはどうですか?」という質問に
森まゆみさんは
「よそから来た人の目で見るものなので、ちょっと自分たちとは違うかな?」
という趣旨のことを話してらっしゃいました。

確かに、東京など大きすぎる町の場合
そうなのかもしれないと思いました。

しかし長崎など、小さな地方都市では
あえてよそ者の視点で、自分たちのまちを見たりするのも
あったほうがいいし
路上観察はわかりやすくて(笑)誰でも手軽にできるので
興味を引いたり、視点を変えるには、もってこいの手段だと思っています。

以上、M.Iこと散歩者の報告でした!

«  | HOME |  »

プロフィール

長崎路上観察学会・アルキメデス

Author:
長崎路上観察学会・アルキメデス
長崎市内を中心に活動する
路上観察グループ「アルキメデス」
が運営するブログです。


◎オススメの本




 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

訪問者数

 

月別アーカイブ

 

最近のトラックバック