2018-02

Latest Entries

1月例会

1月例会は、27日(土)14時、茂木バス停に10人集合+遅刻2人
潮見崎観音へ向かう岸壁で、りっぱな青色の浮き桟橋を発見。

石段を上った高台の潮見崎観音に着くと、すばらしい眺めです。
空気が澄んでいるのか、対岸の町や雲仙普賢岳がはっきり見えます。
次に灯台に行こうとしましたが、いつのまにか高級ボートが係留されて、
部外者立ち入り禁止になっていたのでガッカリ。
arc1801-1  潮見崎観音から

arc1801-2.jpg お月さんも見える

そのあと銭湯経由で、パン屋「オロン」に向かいますが、
「オロン」はお休みでまたガッカリ。
天ぷら屋は開いていたので、揚げたての天ぷらを食べました。
arc1801-3.jpg おばあちゃんが揚げてくれる

若菜川の反対側に渡って、裳着神社へ詣でたあと、
植物化石層を見に、茂木港方面へ。
白いサギ(アオサギ)が山に群れでとまっているのを見て驚きました。
arc1801-4.jpg 作りものじゃない

茂木港ターミナルで休憩しすぎたので、あとは急ピッチ、
鉄道のために作られたという切り通しを見たあとは、バス停まで早足です。
15分ほどで思案橋に着き、
新年会はわいわいと20人の参加でした。
スポンサーサイト

12月例会

12月例会は24日(日)午前10時、石橋電停に12人集合+遅刻1人。
まず鍋冠山に向かいます。
グラバースカイロードを使って、
グラバー園第2ゲートから徒歩10分…とのことですが、
ラストの階段はさすがにキツイ。

arc1712-1.jpg 北を見て

arc1712-2.jpg 南を見て

山頂で、さらにもう1人と合流。
(涼しい顔してましたが、南高下の地獄坂を上ったのでおあいこ)
眺望を堪能したあと、川に沿って出雲町方面へ。

arc1712-3.jpg もろびとこぞって

2015年の秋にも歩いた川沿いで、
どうやら「笑川」という名前らしいのですが、
暗渠にして道を広げる工事がはじまっていました。

arc1712-4.jpg 干し柿につられて

懐かしい雰囲気の果物屋に寄ったあと、
クリスマスの飾りを期待し大浦天主堂へ向かいます。
しかし、天主堂は工事中の幕がかかっており
ガッカリして解散。
何人かは大浦教会の馬小屋飾りを見たあと、
新しい県庁の見学に行きました。

11月例会 其の弐

恒例の一泊旅行、25日(土)~26日(日)の2日目です。

26日、JR二日市から西鉄二日市まで歩いたあと大宰府天満宮へ。
ここでもマンホールを収集しました。

arc1711-2m4.jpg 筑紫野市
arc1711-2m5.jpg 筑紫野市
arc1711-2m6.jpg 太宰府市
arc1711-2m7.jpg 筑紫野市

混雑した参道は避けて、裏道を散策。
川沿いの小道をしばらく歩いたあと、裏側から天満宮へ入ります。
自由行動で「光明禅寺でまったり」「天開稲荷まで健脚自慢」
「ひとりで好き放題」などそれぞれ楽しみました。
arc1711-21.jpg まったり
arc1711-22.jpg 健脚自慢

「維新の庵」で甘味をいただいたあと、まほろば号で天満宮の一の鳥居へ。
車道の真ん中にある鳥居に一同ビックリ!
arc1711-23.jpg ビックリ!

どうやら選挙期間中らしく、
選挙カーがいくつも私たちの横を通っていくのですが、
それに笑顔で手を振りつつ歩を進めます。
西鉄のほうが近かったのに、うっかりJRの方角へ。
都府楼(とふろう)南駅より二日市まで戻り、
駅前を少し散策して終了、解散。
二日市温泉に行く人や、博多や天神に遊びに行く人もいました。
arc1711-24.jpg 二日市駅前の無用煙突

11月例会 其の壱

恒例の一泊旅行は、25日(土)~26日(日)、
福岡県大宰府近辺。参加者は15名でした。

25日、JR南福岡駅に降り立ったメンバーは、
雑餉隈(ざっしょのくま)の銀天商店街に向かいます。
第二の中州と呼ばれているそうで、とても賑やかです。

arc1711-11.jpg いきなり溜め池

昼食のあとサーベイ開始。
この辺は博多区、大野城市、春日市の市境が入り乱れているらしく、
次々と市のマンホールの柄が変わります。
arc1711-1m1.jpg 博多区
arc1711-1m2.jpg 大野城市
arc1711-1m3.jpg 春日市
とにかくマンホールがおもしろい!(みんな下ばかり向いて歩く)

arc1711-12.jpg 春にも来たい桜並木

ゴールの白木原が意外に遠く、みんな途中でブーブー言いましたが、
豚まんを食べて機嫌を直しました。

arc1711-13.jpg 子どもたちの遊ぶ神社でひと休み

鳥居に鈴に木魚まで揃った白木原地蔵にお参りをし、
西鉄で雑餉隈に帰還。温泉や休憩のあと宴会。

10月例会

10月例会は、台風の来襲で危ういところでしたが、ぶじ開催。
29日(日)13時ごろ、樺島バス停に12人が集まりました。
まず、オオウナギのうな太郎に会いに、集落の奥へ歩きます。
半島のとっぽ先にある樺島は、台風の威力も半端ないらしく、
家の窓や玄関には、雨戸とそれを固定するかんぬきが付いています。
南国っぽいふしぎな花も咲いてます。

arc1710-1.jpg ゴクラクチョウカ(ストレリチア)というそうです。 

arc1710-2.jpg 「ホット館」って何だろう?

うな太郎の井戸の前には、集合前に皆でお昼のトルコライスを食べたレストラン。
鯉のぼりならぬ「うなぎのぼり」もはためいていました。

arc1710-3.jpg うなぎのぼり。

西側の道から来たので今度は路地を東側に行き、
いちばん奥の廃校になった小学校から引き返します。
屋外に流し場がいっぱいある。井戸もたくさんある。
すれちがう人はみんなお年寄りばかりで、
樺島についてのお話をしてくれました。
うな太郎のいる西側は「古町」で、東側は「新町」と呼ばれているそうです。

arc1710-4.jpg ここにも頑丈なかんぬきが。

バスの便が限られているので、少々もの足りませんでしたが、
2時間弱で例会を切り上げました。
野母崎の温泉に寄ったグループもあり、
天候にめぐまれて、遠出を楽しんだ一日でした。


9月例会

9月例会は、24日(日)14時に御手水バス停に12人集合。長崎街道の日見峠を歩きました。
まずは街道に行くため坂道を上り、不動院という小さなお寺の前へ。
ここからが本格的スタートです。

arc1709-1.jpg

しかし、街道沿いに民家は少なく…というか、これはまさに「ハイキング」ですね。
森林のイオンをたっぷり浴びながら歩きました。途中で黄金色に光るキノコなど見つけて大興奮。
1時間ほど歩いてちらちらと集落が見えてきます。
善覚寺という、滝修行ができるお寺があったので、滝の脇で休憩し、しばし猫と戯れました。

そして、いよいよ峠越えですが、明治時代に立派な切通しが出来ているので楽勝です。
案内板に書かれた昔の道を見ながら、昔の苦労に思いを馳せました。
下りも、せっかくだから昔の道を歩こうと、足を踏み出したものの、
草木の密集(やぼくら)っぷりに、ヘタレな我々、わずか数歩で断念!
ヘアピンカーブの車道を、景色を眺めながら歩き、日見トンネル口のバス停に到着。

arc1709-2.jpg いい景色です!

arc1709-3.jpg まんじゅう屋跡の石碑

帰路のバスに乗り、2時間前にスタートした御手水バス停に
わずか数分で到着したのを見て、みんな苦笑しました。

8月例会

26日(土)15時に田上バス停に16人集合。
国立病院の敷地内を抜けて桜町へ。
懐かしい共同洗濯場やグーグルの車を見つけながら、上小島方面へ歩く。

arc1708-1.jpg
最終的に、左端の茶色いところ(旧玉木高校跡)まで歩きます!

じつは、上小島で車道の工事が始まるため、
その前に細い道を歩こうと企画したもの。すでに立ち退いて無人になっている場所もある。

arc1708-2.jpg ここに車道が通る予定

発案者の自宅にて16人が無理やり休憩したあと、白糸の滝経由でエレナまで。
屋上駐車場から小島川沿いの廃屋を眺める。
コンクリと川の上では空気が違うと顔を出したり引っ込めたりしました。

arc1708-3.jpg うわあ、すずしい~♪

川向こうの愛宕町の旧道から、旧玉木高校跡の上の道をまわって清水寺あたりまで抜け、
そのまま油屋町の暑気払い会場へなだれ込みました。

7月例会

7月例会は22日(土)15:00、宝町バス停に10名集合。
新幹線の開通工事で立ち退きとなった店舗を過ぎて、浦上街道へ向かいます。
野良ネコだけがいる無人の町です。
新幹線のため数百メートルが立ち退きしたとのこと。
浦上街道も分断されるそうです。

arc1707-1.jpg このあたりに新幹線がどーん!と

生目八幡宮でひと休み、天神町で斜行ゴンドラを見たのち、
銭座町まで下りて市場をウロウロ歩きまわる。ジョイフルサンで水分補給。

arc1707-2.jpg 生目八幡宮のリサイクルベンチ(?)

arc1707-3.jpg 斜行ゴンドラ「てんじんくん」

聖徳寺で涼んで体力回復したので、山王通りの上のお墓の道を歩く。
ココウォークの観覧車が間近に見えて、ちょっと不思議な気分です。

緑町から細い階段を下りて茂里町へ。
お菓子のアリタでアイスクリームを食べ、もう歩くどころじゃなくなったので解散。
暑気払いに飲み会に行った人たちもいました。

6月例会

6月例会は25日(日)14:00、蛍茶屋電停付近のコンビニ前に10人集合。
シーボルト邸跡であじさいを眺めたあと、ほとんど一本道で鳴滝の奥を目指す。
途中、なにか揉め事の匂いのする看板だの謎の庭だのを発見。

arc1706-1.jpg 謎の庭

しばらく進むと、空気がひんやりと変わる。目的地の七面山妙光寺に着いたのだ。
本堂ではヤギとロバとニワトリが歓迎してくれた。

arc1706-2.jpg すべりそうな石段

そしてさらに奥がある様子。
「煩悩の数だけ段がある」みたいなことを書いてあるので
「な~にたったの108段」と気軽に石段を上り始めたが、
我々の煩悩の数は、どうもその倍以上はあったらしい。
汗だくで上りきって見たのは、
はるか遠くにある、長崎の街の眺めと眠り猫でした。

arc1706-3.jpg 煩悩も吹っ飛ぶ眺めです

ヤギとロバとニワトリに見送られて帰路。
最後に、行きでは気付かなかった場所にすばらしい皿屋敷を発見しました。

arc1706-4.jpg すばらしすぎ

5月例会

5月例会は、28日(日)川棚散策。
五月日和の晴天の中、川棚に集合したのは14名。
集合時間より早めに来て、
古民家カフェ「ゆめうさぎ」にて焼きカレーを堪能したのは9名でした。

13:30から散策開始、会長、副会長、元会長などの案内役が不在の中、
どうしようか?と戸惑いながら、商店街を目指して歩きます。
想定した通りのシャッター街。
すぐに通り抜け、目的の川棚まんじゅう店へ、
いま買うと重いとの判断を効かせ、遠くに見えるお寺を目指してみる事に。

常在寺(日蓮宗)境内には、
水琴窟(すいきんくつ)があり、心を癒されました。
定番のお寺見物のあと、横道をひたすら進むと、
古民家の豪邸が多くあり、しばし豪邸巡りを堪能。
湧き水が出る場所に遭遇し、熱い体を適度にクールダウン。

arc1705-1.jpg 豪邸!

arc1705-2.jpg 飛び石!

その後、何もないね!とボヤキつつ、ウロウロ。
川の飛び石を渡ったり、長い坂を上ったり、健康的な街歩き。
ふたたび駅前商店街に出て、シャッター絵画を見物。

arc1705-3.jpg

arc1705-4.jpg

最後に念願の饅頭をお土産購入して、解散。
そのまま佐世保に遊びに行ったツワモノも居ました。

«  | HOME |  »

プロフィール

長崎路上観察学会・アルキメデス

Author:
長崎路上観察学会・アルキメデス
長崎市内を中心に活動する
路上観察グループ「アルキメデス」
が運営するブログです。


◎オススメの本




 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

訪問者数

 

月別アーカイブ

 

最近のトラックバック