2018-06

Latest Entries

5月例会

5月26日(土)、10人で琴海地区を歩きました。
直前まで雨が降り、参加をあきらめた人も多いなか、
現地に着いてみると、カンカン照りで暑いくらいです。
まず、バス停の前にある自證寺へ。
キリシタン大名大村純忠の娘「お伊奈」のお墓があります。

arc1805-1.jpg あそこへ行くつもりだったのに…

琴海中央公園に向かうはずが、うっかり角を曲がりそこねて逆方向へ。
戻りたくとも、気になる産直はあるは、鳥居は見えるは、
ケーキの行商に出会うはで、仕方ないので
そのまま進むことにして鳥居方面へ。
途中に美しい石積みがあり、一同息を呑みました。

arc1805-2.jpg 石段の上はふつうの民家

到着した鳥居には「瑠璃光殿」とあります。
しかし本殿に奉られているのは…どう見ても…仏像?
地元の少年の証言では、女の神さまがいるらしい
(後の調べによると「神上薬師」という如来さまだそうです)

そのまま、長浦町の海岸辺りまで歩いて
「ミルクセーキ」の幟に、吸い込まれるようにカフェに入る。
冷たいもので英気を養ったのち、
ペーロンに溜まった水のかき出しをしたり、
古い酒屋さんや産直でおみやげを買ったりしながら、
もとのバス停まで戻りました。

arc1805-3.jpg レンガに偽装されたアタゴ物件
IMG_20180526_152246.jpg 間近で見るペーロン船!うれしい!
スポンサーサイト

4月例会

13時に蛍茶屋に16人+赤瀬川原平氏を研究する
東京の学生さんの、計17人で歩きます。

矢の平の横向き地蔵に向かいますが、
途中で、さっそく高所物件や無用物件を見つけて大喜び。
arc1804-1.jpg あんなところに!

arc1804-2.jpg こんなかんじで!

次に、景勝地「中川カルルス」の名残りを探そうと、
料亭橋本の前まで行くも、顔の効く人間はおらず、
遠目にお庭を眺めてスゴスゴと退散です。

新校舎建築中の伊良林小学校を上から見ながら歩き、
若宮稲荷神社の鳥居のあたりでひと休み。
…それにしても…暑い!

arc1804-3.jpg 美しき無用門、壁はイギリス積み

光源寺で、Hさん一家3人と合流。
2016年7月に取り壊し中でガッカリした伊良林の町屋群に
おそるおそる足を運びます。
嬉しいことに、建物のいくつかはリノベーションされて、
通りの雰囲気は元のままになっていました。

arc1804-4.jpg いい雰囲気…

15時より、ランタナにて総会&アルキメデス大賞選考会。
今年はエントリー作品を忘れてきた、という人も多く、
そのぶん来年度は、激戦になるかと思われます。

3月例会

3月例会は、31日(土)16人集合。
歩く前にソロバンドック(小菅修船場)で花見しようと、
お弁当持って集まったのですが、
「世界遺産なので飲食禁止」といわれ、
近くの、金刀比羅(ことひら)神社の下に場所を変更。

じつはそこ、「西琴平のこんぴらさん」といって
古くから桜の名所だったそうで、超穴場でした。

arc1803-22.jpg 上のお社までは大変だったけど…

宴会を終えて歩きはじめるも、アルコールが入っているせいか
グダグダ状態で、迷子まで出るしまつ…。

arc1803-3.jpg なんだこれ…

バイパスに沿ってしばらく歩いたあと
小菅町の路地を、細い川沿いに歩いて下ります。
三菱のマークの入った井戸を見つけたりしました。

arc1803-1a.jpg ソロバンドック今昔
arc1803-1b.jpg ガイドさんにもらった絵ハガキ

スタート地点のソロバンドックに戻って、トイレ休憩してるうちに
コミュニティバス「しおかぜ」に乗った迷子組に追い抜かれた。

arc1803-4.jpg 昔はこういう家がズラリと並んでいた

国分町のバス停で追いついて、
遊郭の名残りの建物などを見ながら、
戸町まで歩き、終了しました。

2月例会

2月例会は、24日(土)14時、稲佐児童公園に12人集合。
公園の名前が「稲佐公園」でない事をあらためて確認。
(バス停名は稲佐公園前)
商店街を抜け、梧真寺に向かいます。
竜宮城みたいな山門からは入れず、別の入口から境内へ。
恒例の記念撮影をすませて、住宅街をウロウロ。
軒先が重なる家を発見し、
お隣同士で紛争になってないかと妄想をめぐらせました。

arc1802-1.jpg 重なっている…

arc1802-2.jpg 平戸小屋町にあります

素敵な酒屋を発見し、のぞいてみましたが、
立ち飲みはなく、一同残念。
付近に面白い名前のレストランがあるとわかり、
行ってみようと坂を上り始めますが、
いつしか目的地が烏岩神社に変わっており、神社を参拝して満足する。

arc1802-3.jpg かわいい~!!

途中で出会ったワンコの笑顔のかわいい事!!
旭町に戻り、住宅街に鳥居を見つけ、行ってみようとするが、
入口を探せず断念。(個人の家の庭だった様です)
「ただ」と言う名前の食堂を見つけて、
只なのに値段が書いてるあると妄想を膨らませ、終了。

1月例会

1月例会は、27日(土)14時、茂木バス停に10人集合+遅刻2人
潮見崎観音へ向かう岸壁で、りっぱな青色の浮き桟橋を発見。

石段を上った高台の潮見崎観音に着くと、すばらしい眺めです。
空気が澄んでいるのか、対岸の町や雲仙普賢岳がはっきり見えます。
次に灯台に行こうとしましたが、いつのまにか高級ボートが係留されて、
部外者立ち入り禁止になっていたのでガッカリ。
arc1801-1  潮見崎観音から

arc1801-2.jpg お月さんも見える

そのあと銭湯経由で、パン屋「オロン」に向かいますが、
「オロン」はお休みでまたガッカリ。
天ぷら屋は開いていたので、揚げたての天ぷらを食べました。
arc1801-3.jpg おばあちゃんが揚げてくれる

若菜川の反対側に渡って、裳着神社へ詣でたあと、
植物化石層を見に、茂木港方面へ。
白いサギ(アオサギ)が山に群れでとまっているのを見て驚きました。
arc1801-4.jpg 作りものじゃない

茂木港ターミナルで休憩しすぎたので、あとは急ピッチ、
鉄道のために作られたという切り通しを見たあとは、バス停まで早足です。
15分ほどで思案橋に着き、
新年会はわいわいと20人の参加でした。

12月例会

12月例会は24日(日)午前10時、石橋電停に12人集合+遅刻1人。
まず鍋冠山に向かいます。
グラバースカイロードを使って、
グラバー園第2ゲートから徒歩10分…とのことですが、
ラストの階段はさすがにキツイ。

arc1712-1.jpg 北を見て

arc1712-2.jpg 南を見て

山頂で、さらにもう1人と合流。
(涼しい顔してましたが、南高下の地獄坂を上ったのでおあいこ)
眺望を堪能したあと、川に沿って出雲町方面へ。

arc1712-3.jpg もろびとこぞって

2015年の秋にも歩いた川沿いで、
どうやら「笑川」という名前らしいのですが、
暗渠にして道を広げる工事がはじまっていました。

arc1712-4.jpg 干し柿につられて

懐かしい雰囲気の果物屋に寄ったあと、
クリスマスの飾りを期待し大浦天主堂へ向かいます。
しかし、天主堂は工事中の幕がかかっており
ガッカリして解散。
何人かは大浦教会の馬小屋飾りを見たあと、
新しい県庁の見学に行きました。

11月例会 其の弐

恒例の一泊旅行、25日(土)~26日(日)の2日目です。

26日、JR二日市から西鉄二日市まで歩いたあと大宰府天満宮へ。
ここでもマンホールを収集しました。

arc1711-2m4.jpg 筑紫野市
arc1711-2m5.jpg 筑紫野市
arc1711-2m6.jpg 太宰府市
arc1711-2m7.jpg 筑紫野市

混雑した参道は避けて、裏道を散策。
川沿いの小道をしばらく歩いたあと、裏側から天満宮へ入ります。
自由行動で「光明禅寺でまったり」「天開稲荷まで健脚自慢」
「ひとりで好き放題」などそれぞれ楽しみました。
arc1711-21.jpg まったり
arc1711-22.jpg 健脚自慢

「維新の庵」で甘味をいただいたあと、まほろば号で天満宮の一の鳥居へ。
車道の真ん中にある鳥居に一同ビックリ!
arc1711-23.jpg ビックリ!

どうやら選挙期間中らしく、
選挙カーがいくつも私たちの横を通っていくのですが、
それに笑顔で手を振りつつ歩を進めます。
西鉄のほうが近かったのに、うっかりJRの方角へ。
都府楼(とふろう)南駅より二日市まで戻り、
駅前を少し散策して終了、解散。
二日市温泉に行く人や、博多や天神に遊びに行く人もいました。
arc1711-24.jpg 二日市駅前の無用煙突

11月例会 其の壱

恒例の一泊旅行は、25日(土)~26日(日)、
福岡県大宰府近辺。参加者は15名でした。

25日、JR南福岡駅に降り立ったメンバーは、
雑餉隈(ざっしょのくま)の銀天商店街に向かいます。
第二の中州と呼ばれているそうで、とても賑やかです。

arc1711-11.jpg いきなり溜め池

昼食のあとサーベイ開始。
この辺は博多区、大野城市、春日市の市境が入り乱れているらしく、
次々と市のマンホールの柄が変わります。
arc1711-1m1.jpg 博多区
arc1711-1m2.jpg 大野城市
arc1711-1m3.jpg 春日市
とにかくマンホールがおもしろい!(みんな下ばかり向いて歩く)

arc1711-12.jpg 春にも来たい桜並木

ゴールの白木原が意外に遠く、みんな途中でブーブー言いましたが、
豚まんを食べて機嫌を直しました。

arc1711-13.jpg 子どもたちの遊ぶ神社でひと休み

鳥居に鈴に木魚まで揃った白木原地蔵にお参りをし、
西鉄で雑餉隈に帰還。温泉や休憩のあと宴会。

10月例会

10月例会は、台風の来襲で危ういところでしたが、ぶじ開催。
29日(日)13時ごろ、樺島バス停に12人が集まりました。
まず、オオウナギのうな太郎に会いに、集落の奥へ歩きます。
半島のとっぽ先にある樺島は、台風の威力も半端ないらしく、
家の窓や玄関には、雨戸とそれを固定するかんぬきが付いています。
南国っぽいふしぎな花も咲いてます。

arc1710-1.jpg ゴクラクチョウカ(ストレリチア)というそうです。 

arc1710-2.jpg 「ホット館」って何だろう?

うな太郎の井戸の前には、集合前に皆でお昼のトルコライスを食べたレストラン。
鯉のぼりならぬ「うなぎのぼり」もはためいていました。

arc1710-3.jpg うなぎのぼり。

西側の道から来たので今度は路地を東側に行き、
いちばん奥の廃校になった小学校から引き返します。
屋外に流し場がいっぱいある。井戸もたくさんある。
すれちがう人はみんなお年寄りばかりで、
樺島についてのお話をしてくれました。
うな太郎のいる西側は「古町」で、東側は「新町」と呼ばれているそうです。

arc1710-4.jpg ここにも頑丈なかんぬきが。

バスの便が限られているので、少々もの足りませんでしたが、
2時間弱で例会を切り上げました。
野母崎の温泉に寄ったグループもあり、
天候にめぐまれて、遠出を楽しんだ一日でした。


9月例会

9月例会は、24日(日)14時に御手水バス停に12人集合。長崎街道の日見峠を歩きました。
まずは街道に行くため坂道を上り、不動院という小さなお寺の前へ。
ここからが本格的スタートです。

arc1709-1.jpg

しかし、街道沿いに民家は少なく…というか、これはまさに「ハイキング」ですね。
森林のイオンをたっぷり浴びながら歩きました。途中で黄金色に光るキノコなど見つけて大興奮。
1時間ほど歩いてちらちらと集落が見えてきます。
善覚寺という、滝修行ができるお寺があったので、滝の脇で休憩し、しばし猫と戯れました。

そして、いよいよ峠越えですが、明治時代に立派な切通しが出来ているので楽勝です。
案内板に書かれた昔の道を見ながら、昔の苦労に思いを馳せました。
下りも、せっかくだから昔の道を歩こうと、足を踏み出したものの、
草木の密集(やぼくら)っぷりに、ヘタレな我々、わずか数歩で断念!
ヘアピンカーブの車道を、景色を眺めながら歩き、日見トンネル口のバス停に到着。

arc1709-2.jpg いい景色です!

arc1709-3.jpg まんじゅう屋跡の石碑

帰路のバスに乗り、2時間前にスタートした御手水バス停に
わずか数分で到着したのを見て、みんな苦笑しました。

«  | HOME |  »

プロフィール

長崎路上観察学会・アルキメデス

Author:
長崎路上観察学会・アルキメデス
長崎市内を中心に活動する
路上観察グループ「アルキメデス」
が運営するブログです。


◎オススメの本




 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

訪問者数

 

月別アーカイブ

 

最近のトラックバック